こんなお悩みないですか?

  • 臀部から足にかけて常に鈍い痛みを感じていて歩くのが辛い
  • 長時間立っていると足がだるくなり辛い
  • 痛みのせいで夜も眠れない日々が続いている
  • 痛みの原因や改善方法が分からず不安でいっぱい
  • 一刻も早く治したいという思いが強いがどうすればいいのかわからない

梨状筋症候群でお悩みの方へ

専門知識と経験豊富な施術者が的確なアプローチで症状の原因を見極め、痛みの改善に向けた施術を提供します。梨状筋症候群に特化した施術や運動療法により、痛みの軽減や機能回復が期待できると共に、あなたの生活の質を向上させるサポートを全力で行います。

当院で梨状筋症候群が改善された方のお声

画像はイメージです

50歳 男性 K.O様

日常の動きが改善されて楽しく歩けています!

「梨状筋症候群で足の痛みに悩んでいましたが、オアシス整骨鍼灸院での施術で驚くほどの変化がありました。丁寧なカウンセリングと的確な施術で、痛みが和らぎ、動きが改善されました。今では以前のように楽しく歩くことができ、感謝しています。」

※個人の感想です。すべての方に効果を保証するものではありません

46歳 女性 M.Y様

臀部と足の痛みが驚くほど楽になりました

「臀部と足の痛みで日常生活が辛かったのですが、歩行矯正整体プログラムを受けるようになって、驚くほど楽になりました。自宅で出来るエクササイズも教えていただき、簡単に取り組める点が助かります。先生の熱心なサポートに感謝しています。これからもよろしくお願いします。」

※個人の感想です。すべての方に効果を保証するものではありません

なぜ他では良くならなかった梨状筋症候群の悩みが当院なら解決できるのか?

1.個別の症状に合わせた施術

当院では個々の患者様に合わせた施術を提供します。梨状筋症候群の原因や症状の程度に応じて、適切な徒手療法や運動療法を組み合わせ、根本的な改善を目指します

2.専門的な知識と経験

梨状筋症候群に特化した知識と豊富な経験を持ち、最新の施術方法を取り入れています。正確な判断と的確なアプローチにより、患者様の痛みを理解し、適切な施術を提供します

3.総合的なアプローチ

梨状筋症候群は複雑な疾患であり、単一の施術方法だけでは完全な改善が難しい場合もあります。当院では、施術に加えて靴やインソールのアドバイス、機能改善のための運動療法などを総合的に取り入れ、より持続的な効果を追求します。

梨状筋症候群とは?

【1】病態の説明

坐骨神経は骨盤からでて足へ向かいますが、その際、骨盤の出口のところで、梨状筋という筋肉とのトンネルを通ります。 この筋肉は通常柔らかいのですが、負担がかかって硬くなってしまうと、おしりに痛みを起こしたり、側を走る坐骨神経をつぶしてしまいしびれがでてきます。 このような状態をを梨状筋症候群といいます。

【2】原因

  • 長時間の座位や無理な姿勢     デスクワークや長時間の座位、体勢の歪みなどが梨状筋への負担を増大させ、炎症の原因となります。
  • スポーツ活動や運動不足     突然の激しい運動や筋力不足により、筋肉のバランスが崩れ、梨状筋の過負荷につながることがあります。
  • 外傷や姿勢の歪み         転倒や怪我による外傷、体重の偏りや足のアーチの崩れなどが坐骨神経圧迫を引き起こす原因になることがあります。

【3】症状

  • 腰や臀部、太もも裏に痛みが現れる
  • 坐骨神経の圧迫による腰から足にかけての放射痛
  • 下肢のしびれや痺れ
  • 歩行時の足のしびれや痛み
  • 足首や足の筋肉の緊張やこわばり

※これらの症状は日常生活にも大きな影響を及ぼし、放置していると生活の質を低下させる可能性があります

梨状筋症候群を放置しているとダメな3つ理由

1.疼痛の増悪と機能障害

梨状筋症候群は炎症を伴い、痛みが慢性化する可能性があります。このため、日常生活での動作が制限され、歩行や運動が困難になることがあります。

2.神経損傷

長期間の坐骨神経圧迫は神経にダメージを与えることがあり、感覚の低下や運動障害を引き起こす恐れがあります。

3.他の疾患への影響

梨状筋症候群の症状は他の疾患と重なることがあり、適切な治療が行われない場合、本来の原因を見落とす恐れがあります。

放置せずに早期の適切な施術を行うことで、梨状筋症候群の症状を改善し、生活の質を向上させることができます。早めの対策と適切な施術を受けることで早期の回復を望めます。

梨状筋と間違いやすい疾患

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアも坐骨神経の圧迫による痛みを引き起こすことがありますが、原因や発症メカニズムは異なります。梨状筋症候群は梨状筋の異常な緊張によるものであるのに対し、椎間板ヘルニアは椎間板が損傷し、神経根を圧迫することが原因です。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症も坐骨神経痛を引き起こす可能性がありますが、これは脊柱管が狭くなり、神経組織に圧迫がかかる状態です。梨状筋症候群とは異なり、原因が梨状筋の圧迫ではなく、脊柱管の解剖学的な変化によるものです。

腰椎分離症

腰椎分離症は、腰椎の一部が割れる状態で、梨状筋症候群と類似の症状を引き起こす可能性があります。しかし、原因が腰椎の構造的な変化によるものであり、梨状筋とは直接関連していない点が異なります。

梨状筋症候群でお悩みの方からのよくあるご質問

Q: 梨状筋症候群って何ですか?

A: 梨状筋症候群は、梨状筋と呼ばれる筋肉の炎症や圧迫により、坐骨神経の痛みやしびれを引き起こす症状です。

Q: 施術は痛いですか?

A: 施術は個人差がありますが、通常は軽度の圧迫やストレッチで痛みを感じることはありません。

Q: 梨状筋症候群の再発はありますか?

A: 再発のリスクはありますが、日常生活や姿勢の改善などで予防が可能です。

Q: 予約は必要ですか?

A: 予約優先制となっておりますので、お電話かLINEで事前にご連絡いただければ幸いです。

Q: 妊娠中でも施術は受けられますか?

A: 妊娠中は慎重に施術を行いますので、事前にお知らせください。

Q: 施術を受けるときにに何か持参した方が良いものはありますか?

A: 特に必要なものはありませんが、動きやすい服装でお越しください。

※お着換えも用意しています。

梨状筋症候群でお悩みのあなたへ

オアシス整骨鍼灸院は梨状筋症候群に苦しんでいるあなたに明るい未来をご提供します。当院では症状の根本原因にアプローチし、丁寧な施術であなたの痛みと共に向き合います。日常生活の制約から解放され、明るい未来を手に入れましょう。一歩踏み出し、一緒に梨状筋症候群を克服しましょう。お電話、LINEでのご予約をお待ちしています。