FAIによる股関節の痛みの専門施術と全身のメンテナンスを提供します足部から始まる健康な人生へ導くためのパーソナルプログラム‐大阪府池田市にあるオアシス整骨鍼灸院

股関節の痛みでこんなお悩みないですか?

  • 運動をするたびに股関節に鋭い痛みが走ることへの恐怖感がある。
  • 股関節の動きが制限され、日常生活に影響があることへの不安がある
  • 痛み止めの薬をずっと飲み続けることが心配だ。
  • 夜、痛みで目が覚めることが多く、十分な睡眠が取れない疲労感がある
  • どこへ行っても症状が改善しないことへのイライラがある

FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)でお悩みのあなたへ

当院ではFAIでお悩みの方に、専門的な検査と筋膜リリース、運動療法により股関節の機能改善を図り、痛みの軽減と正しい歩行や動作を取り戻します。

当院でFAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)を克服された方のお声

画像はイメージです
25歳 男性 M.K様
新しい身体を得たように動けるようになりました。

 以前は歩くことも怖かったですが、先生のおかげで股関節の痛みが大幅に改善しました。筋膜リリースの効果を実感し、まるで新しい身体を得たように動けるようになりました。LINEでのアフターケアも心強く、症状が少しでも戻らないよう続けています。

※個人の感想です。すべての方に効果を保証するものではありません

27歳 女性 H.M様

歩行プログラムを受けて、今は以前のように走れています!

股関節の痛みでランニングができない日々が続いていましたが、ここの施術プログラムを受けて、今は以前のように走れています。それぞれの筋肉と股関節の関わりを教えてもらい、自分でケアする方法も学べました。定期的なフォローも安心で、これからも健康維持のために通い続けます。

※個人の感想です。すべての方に効果を保証するものではありません

37歳 女性 N.S様

靴を変えて医療用矯正インソールを入れてもらうと痛みがすごく軽減しました。

股関節の痛みの原因をしっかりと調べてもらい、歩行時の痛みを根本から改善する施術プランをしてくれました。痛みの原因がサイズの合わない靴だと気づかされ、靴を変えて医療用矯正インソールを入れてもらうと痛みがすごく軽減しました。日常生活に戻れた感謝の気持ちでいっぱいです。

※個人の感想です。すべての方に効果を保証するものではありません

なぜ他では良くならなかったFAIが当院なら解決できるのか?

個別カスタマイズされた施術アプローチ

オアシス整骨鍼灸院では、股関節インピンジメント(FAI)に苦しむ患者様一人ひとりの症状に応じた治施術プランを提供します。痛みの原因を特定するための徹底したヒアリングと検査から始め、筋膜リリースなどの手技療法により関節周囲の柔軟性を向上させることで、股関節の可動域を改善し、痛みを軽減します。個々の日常生活や運動習慣に合わせた運動療法により、FAIからくる股関節の痛みの再発防止と持続的な改善を目指します。

最新技術の導入と物理療法機器の使用

FAIの患者様に対しては、様々な検査を用いて股関節の詳細な状態を把握し具体的な施術方針を立てます。また、ハイボルト治療や超音波治療といった最新の物理療法機器を使用することで、関節や筋肉の疼痛緩和と緊張の緩和を促進します。これにより、症状の急性期から慢性期に至るまで、症状の改善を実現します。

全身のバランスを整える総合的なケア

股関節の痛みは、歩行や姿勢の悪さなど全身のバランスの乱れから生じることもあります。当院では、足部から姿勢まで全身をトータルでみるアプローチに基づき、FAIに対する施術だけでなく、その原因となる全身のメカニズムに働きかけます。医療用矯正インソールの使用や日常生活動作の改善指導を通じて、FAIによる痛みの根本的な改善に努めることで、患者様が痛みなく日常を送ることができるようになります。

FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)とは?

FAIの病態と原因

FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)は、股関節の構造的な問題が関係している状態です。病態としては、二つのタイプに分けられます。カム型は、大腿骨頭の隆起した部分が寛骨臼と適切にはまり込まず、動く度に衝突を引き起こすものです。ピンサー型は、寛骨臼の縁が異常に突出しており、大腿骨頭と衝突する状態です。これらが単独または組み合わさって発生することもあります。

原因は解明されていませんが、先天的な骨の形状、運動による過負荷、青少年期のスポーツなどが関与していると考えられます。また、特定の動作や活動を繰り返すことで、関節周囲の摩耗や炎症を引き起こすことも原因と見られます。

FAIの症状

FAIの症状は個人差が大きく、中には無症状の人もいますが、典型的な症状としては股関節の痛みや違和感があります。特に股関節を深く曲げたり、内旋させたりすると痛みが増す傾向にあります。痛みは徐々に悪化し、股関節周囲だけでなく、大腿部やお尻、膝まで放散することもあります。

運動挙動、特に走る、跳ぶ、急な方向転換を要求されるスポーツを行った後に症状が現れやすく、非活動時には症状が軽減することが多いです。しかしながら、放置しておくと日常生活に支障をきたすようになり、最悪の場合は股関節の変形を招く可能性もあります。

FAIは多くの場合、レントゲン、MRI、CTといった画像診断を通じて確定診断が行われます。病院での治療方法としては、保存療法(運動療法や物理療法)と外科手術があり、症状の重さや生活への影響度合いに応じて適切な治療プランが立てられます。早期発見と速やかな治療開始が股関節の健康を守る鍵です。

FAIと間違いやすい疾患

  • 変形性股関節症

変形性股関節症は、股関節の軟骨が摩耗し、その結果痛みや動きにくさを引き起こします。FAIが放置されると変形性股関節症に進行する可能性もあり、股関節の痛みや可動域の減少といった症状が重なるため混同しやすいです。

  • 坐骨神経痛:

坐骨神経痛は、坐骨神経への圧迫や刺激によって発生する症状であり、腰から臀部、さらには下肢にかけての痛みやしびれを示すことがあります。股関節の痛みとしてFAIと誤診されることがありますが、坐骨神経痛は神経経路に沿った痛みが特徴です。

  • 腸腰筋疾患

腸腰筋は、腰の深部から始まり股関節を通って大腿骨にまで及びます。腸腰筋の炎症や過度なストレスが加わると、股関節近くで痛みが生じ、FAIと似たような痛みや違和感を感じることがあり、誤解されることがあります。

FAIを放置しているとダメな理由

FAIを放置すると、当初は運動時のみに感じられる痛みや違和感が徐々に悪化し、最終的には日常生活における基本的な動作にも支障をきたすようになります。股関節は体の中心的な関節であり、歩行や立ち上がる動作など日々の生活動作に関与しているため、FAIが原因で痛みや可動域の制限が起こると、姿勢の悪化や歩行障害につながることもあります。さらに、股関節の不調は体全体のバランスを崩し、腰痛や膝の痛みといった他の関節の障害を引き起こす原因にもなり得ます。長期間の放置により、関節損傷が進行すると、非外科的治療による症状の改善が難しくなり、手術が必要になるケースも増えてしまいます。そのため、早めの診断と適切な治療がFAIを抱える人にとっては非常に重要です。

よくあるご質問

Q.施術の期間はどのくらいかかりますか?

A.患者様の状態や生活習慣に応じて異なりますが、早期の段階であれば数週間から数か月で改善することが見込めます。定期的なフォローアップやご自宅でのエクササイズを組み合わせて進めていきます。

Q.予約は必要ですか?

A.はい、患者様一人ひとりに十分な時間を確保するために、予約制をとっています。事前にお電話またはLINEでご予約をお願いしております。

Q.保険は利用できますか?

A.整体は保険適用外の自由診療です。詳しくはこちらから

Q.どんな服装で行けばいいですか?

A.動きやすい服装でお越しください。ズボンも院内でご用意しておりますので、お着換えいただけます

Q.施術にあたって、自分でできることはありますか?

A.はい、施術後に自宅で行うエクササイズなどをお伝えしますので、継続して行っていただくことをお勧めしています。日常生活での姿勢や動作にも注意をしていただくことで、施術効果を高めることができます。

FAIでお悩みのあなたへ

FAIの股関節の痛みの痛みで日々の生活に影響がある方へ。諦めずに一歩を踏み出してください。私たちが、貴方の痛みを丁寧に検査して原因を見つけます。そして一人ひとりに合わせた施術プランで、再び快適な歩みを取り戻すお手伝いをさせていただきます。どうぞ、お電話かLINEでお気軽にご予約を。