膝裏の痛み、腫れ。それはひょっとしたらベーカー嚢腫かもしれません

こんなお悩みないですか?

  • 膝の裏が腫れている
  • 膝を曲げる際に圧迫感や違和感がある
  • ひざ裏の痛みがつらく、日常生活に支障をきたしていることに絶えずイライラしている
  • 最良の施術方法やサポートを見つけ、前向きな未来を築きたい
  • 病状に関する情報をもっと理解し、健康な足を取り戻したい

ベーカー嚢腫でお悩みのあなたへ

オアシス整骨鍼灸院では、ベーカー嚢腫の患者さんに寄り添い、痛みの原因究明から根本施術まで専門的なアプローチでサポートします。症状の軽減や改善、痛みの解消に向けて共に歩み、快適な生活を取り戻すお手伝いを致します。

当院でベーカー嚢腫を克服された方のお声

写真はイメージです

52歳 女性 H.A様

たくさん整骨院に行きましたが初めて靴が原因であることを知り、適切なサイズとインソールのサポートを受け症状が良くなりました。

オアシス整骨鍼灸院での施術は、ひざ裏の悩みについて光を当ててくれました。たくさん整骨院に行きましたが初めて靴が原因であることを知り、適切なサイズとインソールのサポートを受け症状が良くなりました。先生方のアドバイスに感謝しています。痛みから解放され、今は快適なウォーキングを楽しんでいます。オアシス整骨鍼灸院の専門知識が本当に頼りになりました!

※個人の感想です。すべての方に効果を保証するものではありません

60歳 女性 K.O様

足の土踏まずとお尻の筋力と歩行の問題が原因であることが明らかになりました。

オアシス整骨鍼灸院で、私のひざ裏のベーカー嚢腫に大きな変化が出ました。足の専門家による詳細な評価の結果、足の土踏まずとお尻の筋力と歩行の問題が原因であることが明らかになりました。個別に作っていただいたトレーニングプランとアドバイスに従い、痛みは徐々に軽減されました。先生のサポートに感謝しています。今では元気に動き回れ、日常生活が快適です。

※個人の感想です。すべての方に効果を保証するものではありません

なぜ他院では良くならなかったベーカー嚢腫が当院なら解決できるのか?

症状の根本原因を特定

当院では症状の原因を詳細に調査し、靴の選択、歩行、筋力などの要因を徹底的に分析。これにより、ベーカー嚢腫の根本原因を明確に特定し、的確なアプローチを可能にします。

個別の施術プランを提供

各患者様に合わせた個別の施術プランを提供。靴のサイズ調整、インソールの処方、筋力トレーニング、歩行パターンの改善など、患者様の状態に合わせたカスタマイズされたアプローチで施術を行います。

継続的なサポートとアフターケア

施術後もLINEでの無料相談や、症状の経過を見守ります。ベーカー嚢腫の症状改善だけでなく、再発を防ぐためのサポートも提供し、患者様の健康と快適な生活の維持をサポートします。

ベーカー嚢腫とは?

ベーカー嚢腫(Baker’s cyst)は、主に膝関節の後方に形成される袋状の液体充填腫瘤です。この状態は、通常、他の膝関節の問題に関連して発生します。ベーカー嚢腫は、以下の主な特徴を持っています

  1. 腫れと膨らみ: ベーカー嚢腫は、膝の後ろにある半月板という軟骨の損傷や炎症、関節炎、または関節内の滑液の過剰生成に起因して、関節の後方に液体がたまった腫瘤を形成します。このため、膝の後方に膨らみや腫れが現れます。
  2. 痛みと圧迫感: ベーカー嚢腫はしばしば軽度から中等度の痛みを引き起こし、膝の後ろに圧迫感を感じることがあります。痛みの程度は個人によって異なりますが、特に長時間立っていると痛みが増すことがあります。
  3. 膝の運動制限: ベーカー嚢腫が大きくなると、膝の動きや曲げ伸ばしに制約を生じることがあります。これにより、膝の機能が制限され、日常生活や運動が困難になることがあります。
  4. 原因と関連疾患: ベーカー嚢腫は、膝関節内の他の疾患や問題が原因となります。半月板損傷、関節炎、靭帯損傷、関節内の滑液の過剰生成などが、ベーカー嚢腫の原因として関連付けられることがあります。

※ベーカー嚢腫の診断は、医師による詳細な診察と画像検査(超音波、MRIなど)を通じて行われます。治療のアプローチは症状の程度により異なり、保存療法、薬物療法、穿刺、手術などが検討されることがあります。治療は通常、ベーカー嚢腫の原因となる他の膝関節の問題にも焦点を当てることが重要です。

ベーカー嚢腫と間違いやすい疾患

  1. 静脈瘤 : ベーカー嚢腫と同様に下肢に腫れや膨らみが生じることがあり、外見的に似ていることがある。しかし、原因や治療法が異なります。静脈瘤は血管の異常に関連し、ベーカー嚢腫は膝関節の問題に関連しています。
  2. リウマチ性関節炎 : ベーカー嚢腫とリウマチ性関節炎は両方とも関節の炎症を伴うことがあり、腫れや痛みを引き起こすことがあります。しかし、原因と治療法が異なります。リウマチ性関節炎は免疫系の障害に関連し、ベーカー嚢腫は膝関節の問題が主な原因です。
  3. 膝関節滑液包炎 : 膝関節滑液包炎もベーカー嚢腫に似た症状を引き起こすことがあります。しかし、滑液包炎は滑液包(関節内の液体を包む袋)の炎症に関連し、ベーカー嚢腫は関節の後方に形成された袋状の腫瘤です。
  4. 半月板損傷 : 膝の半月板の損傷は、ベーカー嚢腫と同様に膝の痛みや腫れを引き起こすことがあります。しかし、原因や治療法が異なります。半月板損傷は半月板の損傷に関連し、ベーカー嚢腫は滑液の過剰生成に起因します。

ベーカー嚢腫を放置しているとダメな理由

  1. 合併症のリスク増加: ベーカー嚢腫は膝関節の問題を反映するものであり、放置すると腫脹が増大し、膝関節の他の構造に圧力をかける可能性があります。これにより、膝の組織や靭帯に損傷が生じるリスクが高まり、炎症や疼痛が悪化します。
  2. 疼痛と運動制限: ベーカー嚢腫は膝関節の動きを制限し、痛みを引き起こすことがあります。これにより、日常生活や運動活動が制約され、生活の質が低下します。長期間にわたり、患者様の生活に大きな不便をもたらします。
  3. 原因疾患の進行: ベーカー嚢腫の原因となる疾患(例:関節炎、半月板損傷)は、放置することで進行する可能性があります。これにより、関節の損傷や機能障害が進行し、将来的により深刻な問題が生じる可能性が高まります。早期の治療は原因疾患の進行を抑制し、合併症を予防するのに役立ちます。

よくあるご質問

Q: ベーカー嚢腫は再発することがありますか?

A: はい、ベーカー嚢腫は再発することがあるため、原因となる問題に対処することが重要です。

Q: どのような施術が行われるのですか?

A: 施術には筋膜リリース、超音波治療、筋力トレーニング、姿勢改善などが含まれます。

Q: 施術後の経過観察やアフターケアはありますか?

A: はい、施術後の経過観察やアフターケアを提供しています。症状の改善と再発防止のサポートを行います。

Q: 施術中に何を着用すべきですか?

A: 動きやすい服装であれば大丈夫です。また着替えもご用意しております。お気軽にお声おかけてください。

ベーカー嚢腫で膝の裏にお悩みのあるあなたへ

ひざ裏の痛みや不安が日常を制約していませんか?私たちはあなたの健康と快適な生活を取り戻すお手伝いをしたいと心から願っています。そしてあなたに合わせた施術プランをご提供します。希望と笑顔を取り戻し、一緒に前に進みましょう。LINEやお電話でお気軽にご予約ください。あなたの健康を取り戻すことが私たちの使命です。